FC2ブログ

エコヌクール②

床暖房の施工が完了してました。
遠山電器さんどうもありがとうございました


エコヌクール①

エコ


リビングとダイニング・キッチンのリモコンです。
エコヌクール②

スポンサーサイト



エコヌクール

我が家は温水式の床暖房にしたわけですが
温水式にもいろいろ種類があります。

温水を作るのに電気式・灯油式などいろいろ
ありますが灯油式は灯油の値段によります。ガソリンの値段が
上がるまでは灯油式のがランニングコスト安かったと思います

我が家の場合は床暖の検討をしてる時にガンガン灯油の
値段が上がってきたのと灯油は補充する手間もあって
電気でお湯を作るタイプにしました。

電気でお湯を作るとなると似た設備を思い出しませんか?
そお!エコキュートです。
エコキュートも深夜電力でお湯を作るわけですから最初は
そのお湯を利用した多機能エコキュートの床暖にしようと
考えました。

しかしエコキュートの床暖は水を深夜電力で90℃くらいまで
熱して保温します。ですので床暖のように低温のお湯を
長時間維持するのは大変なコストがかかるんみたいです。

エコキュートの床暖を効率よく利用するなら
脱衣所など2・3時間だけの短時間利用でかつ面積が狭い所に
設置すれば快適に使えそうです。詳しくは遠山電器さんのHPを参照してください。


今、床暖房はどんどん新しい物が開発されてます
どれが一番いい!というものは無いと思います。
その人の生活スタイルに一番あった物をチョイスするといいですね

我が家がエコヌクールにした理由は

①床暖にしたからには冬ガンガン使いたい
②子供が小さく電気式は電磁波の事もあるので温水式がいい
③温度調節が細かくできるほうがいい
④オール電化だが太陽光発電まではしてなくてもコストがかからないほうがいい

以上がエコヌクールにした理由でそしてわざわざ遠山電器さんに
お願いしたのは信頼できる人柄です。
特に遠山電器さんに宣伝を頼まれてるわけではありませんよ(笑)
これから冬に向けて使ってみて使い勝手や
ランニングコストなどブログで載せます。もし期待を裏切る結果
となれば体験者としておすすめしないっと断言しますのでお楽しみに!

トイレ

トイレの棚とペーパーホルダーの付ける位置も
打ち合わせできめました

こういう細かい所の使い勝手が生活でストレスに
なるといけないので慎重になりました。

トイレ・ペーパーホルダー

トイレ棚

玄関収納②

玄関収納の棚が付きました
こんなもんかな・・・。
真ん中で仕切ってパイプつけてブーツハンガー
かけれるようにすればよかったかな?
今度現場監督に相談してみよ。


玄関収納施工後

土台の割れ その4

土台の割れていた部分の補強が完了したそうで
現場監督から写真が送られてきました。

送られてきたのはけっこう前ですけど・・・。


トラブルラスト

玄関収納①

玄関収納のに棚がつくみたいで
その打ち合わせ風景です。後で簡単にかえれないので
慎重になります。なかなか生活してないとイメージがわかんなー




玄関収納施工前

テーマ : ごはん日記(写真付き)
ジャンル : 日記

キッチンのタイル

キッチンは奥様の城!と言う事で我が家のキッチンは
奥様がご希望のヤマハのberryにしました。

まだ養生してあって見れませんので全体の写真は後日載せます
キッチンの壁の横にタイルを貼るのが奥様のこだわりでした
当初はシンクのカラーと合わせてグリーンにする予定
でしたがサッシなど木目が多いので合わせて暖色の赤色にしました
キッチンタイル②

キッチンタイル

クロス

大工工事は完了して壁にクロスが貼られてました
キッチンとトイレ、スキップフロアに机が施工されてました


リビング吹き抜け

階段室⑥


あと1ヶ月ほどでここに住むと思うと少し感動しました
ここまでくるのに前に買った欠陥マンションの契約解除の交渉
と新居の打ち合わせが同時進行だったので正直しんどかったです
今度は大丈夫ですよね?SXLさん!
明日は奥様のこだわりキッチンです

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

輻射式暖房で体の心まで!

輻射を利用した床暖房は
  1)温水
  2)電気
  3)蓄熱式電気
の3つがありますと紹介しましたがさてどれがいいのでしょうか?
どれもそれぞれメリット、デメリットがあるので
正解は無いように思います、それぞれの特徴とライフスタイルが
合うものをチョイスすれば失敗はないと思います。

まずは温水。温めたお湯を床下にある配管を通す事で
自然な温もりを得られます。家全体に床暖房を採用するなど
施工する部屋数が多い場合電気式に比べ経済的です。
反面、施工技術や床暖用の特殊なお湯用液体の定期的交換
壊れた時の修理などにデメリットがあります。

次に電気ですが温水式に比べてメンテナンスは楽です
効果は今は電気式も温水式も差がなくなってきますが
面積が大きいとランニグコストが温水式よりかかると言われてます

そして蓄熱式ですが家の基礎などにあらかじめヒーターなどを
埋め込み割安な深夜電力を利用して築熱して昼間放出し家全体を温めます。
デメリットは家を作る時から採用しないといけないので
対応しているメーカーが少ないのと壊れた時の修理やメンテナンス
そして微妙な温度調節がしにくい点です。


床暖房だけでも十分暖まります。しかしそのためには
敷設率を約70%以上にし、断熱材をしっかり入れなければいけません
我が家は床暖房だけで冬を過ごしたい!
そんな思いから大きな面積で施工してもランニングコストが安い
温水式にしました。せっかく床暖房にしたのに電気代が怖くて
使ってないなんてアホらしいですからね。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ボード施工

大工さんの手によって丁寧にボードが貼られてました
だいぶ家らしくなってきたかな・・・。


ボード①

ボード②

書斎コーナー

スキップフロアに階段が付きました。
ここにパソコンを置く予定です。




階段室③

階段室④

カウンター
プロフィール

くわっぱ

Author:くわっぱ
床暖房の導入から実際のランニングコストまでや、太陽光発電での最安見積もりの取り方など

欠陥住宅でお困りの方はリンクの『欠陥マンション脱出までの道』を参考にしてください。裁判無しの完全勝利までの全てが掲載されています。

最近の記事
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード